スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日

週休二日で、週末はお休みのお仕事。

お休みの日は、普段出来ない家事をしてお部屋の大掃除、大物のお洗濯。
お出かけをしたり、お買い物をしたり。
運転の予定のないときは、朝からビール♪

奉仕に集会にと、あくせく動き回ることもなく。
誰の目も気にすることなく。

マイペースでのんびりと過ごしてる。

居心地のいい自宅(賃貸アパート暮らしですが)
節約しながらも生活を楽しめる安定した収入のある、やりがいのある仕事。
家を出てからは、現役母ともいい関係になり。
気の合う友達もいて。
お酒と競馬を適度に?楽しみ。

・・・休日は特に幸せをしみじみ感じてる。



あの世界を後にして、全ての活動を停止したばかりの頃。
一人暮らしでテレビもなくてお金もなくて。
仕事を終えた夜と、休日はやることもなく暇で暇で暇で。
一般の友達もいなくて、現役友とは連絡を一切遮断して。
信じながらも離れたので、JWのことをネットで調べようとは思いもせずに
ただひたすら、図書館に通い本を借りてきて読書の日々。

誰にも自分の思いを話せず、吐き出す場所もなく。

・・・・孤独だった。
・・・・とことん孤独だった。

あぁ、ヒトとは孤独な生き物なのだなぁ~と。
自分の殻に閉じこもり、誰にも入れさせない心の領域を作り。
その癖は、今でも抜けきれない。

それでも、離れただけでも私は幸せを感じていた。
もう一切誰も何者にも、私に関わって欲しくなかった。
孤独だけど、その孤独に幸せを感じていた。

その後に起こった、あの悪夢のような出来事が
自分の身に振りかかるなんて思いもせずに。

あの世界での現役当時でさえ、私はそれなりに幸せを感じていた。
「絶対」があることは。
何かを信じて「絶対」だと思えることは、すごいことだ。


それを踏まえて私なりの結論。

「幸せ」って。
その人の思い込み。

今の私の幸せも、私の思い込み。

でも、「幸せ」って思い込めることは
それだけで、十分幸せなコト。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も前のダンナと離婚して、最初はテレビはあったけど
映らなくされてしまっててね。元ダンナによって。

だからひたすらFM聞いたりビデオ借りてきたり、図書館で大量に本借りてきて読み漁ってた。
もちろんJW友達なんていなかったし、
仕事仲間には結婚している事さえ話してなかったから
プライベート見られたくなくてね。。。

なんか、状況的に似てるものを感じました。
でも元ダンナと一緒にいた時より、一人でそうやって過ごしているほうがとても幸せでした。


まりあちゃん♪

ホントだ。似てるね。
私は当時住んでた土地が田舎のせいか
住んでたアパートではFM電波すら受信できなくて。
音はCDをかけるのみだった・・・

あのときほど、本を読んだことはないなぁ・・・
小説、エッセイ等作家にとらわれず読みまくったヨ。

孤独だったけど。
ヒトリの時間を満喫して、それなりに幸せでした。
プロフィール

紫陽花

Author:紫陽花
紫陽花(あじさい)
二番目に好きな花の名前です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
お気に入りブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。