スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神的自立

エホバ依存、神様依存の私だったので。

あの世界から離れても
何かに誰かに依存したいという無意識の想いから
なかなか、抜け切れなかったけれど。

やっと、やっとのことで。
「精神的自立」が出来たかなぁ・・・と思ってる。

遅いけどネ。
でも、自立できてよかった。

母を見てるとしみじみ、そう思う。

彼女は精神的に自立できてない。
あの世界にどっぷりつかってる時期も長かったし
あの世界は依存症を作る温床だから、仕方ないけれど。

母の育った家庭環境のせいなのか?
もともとの性格もあるのか?
両方かな?

連鎖もあったのかな。
母は親から奴隷のように支配されて育ったようだし
それを自分の子供にもしたような気がする。
あの世界も、それを助長させるようなところが若干ある。

たぶん彼女は子供の頃から、大人になってからも結婚してからも
常に何かに依存したかったんだろう。
父は「自分は自分、人は人」という考え方で
妻を自分に依存させるようなヒトではなかったし
依存症の母は、他に依存できるものを探して
JWがそれにぴったりと当てはまってしまったのかな?

年齢も年齢だから、今から「精神的自立」なんて無理だろう。

可哀想だなぁ・・・と思う。
こればっかりは、自覚して自分でなんとかしないと。
ヒトに言われて精神的に自立できるものではないし。

かといって、私にすがられて依存されても困る。
今更あの世界から離れても、友達もいなくて辛いだろうし
細々でなくて、もっと活発にJWとして活動したほうが
母自身にとっても、いいんじゃないかなーと思う。
エホバ依存のまま、人生全うした方が幸せなんじゃないかな?

なんて。
幸せを決めるのは、その人自身だから
私があーだこーだ口に出すことじゃないだろう。

笑えるくらい、「反面教師」
私にとって母はそんな存在。
連鎖は私で切るからね。
息子は「精神的に自立できる子」に育てるつもり。
だからこそ、今はしっかりたっぷり愛情を注ぐ。

父の入院によって、再び母との距離が近くなり
色々観察させていただいて、イラつくことも多々あり
ちょっと此処で毒を吐いてしまった(苦笑)



精神的にしっかりと自立できると。
わからなかったものが、スッとわかるようになるから不思議。
見えなかったものが、パァ~っと見えるようになるから不思議。

以前は「信頼と依存」の違いがわからなかったけれど。
今は感覚的に、ハッキリとわかるようになった。

うん、感覚っていうのかなぁ。
物事の受け取り方や見方も微妙に違ってくるから、ホント不思議。

繊細なところ感受性の強いところは変わらないかもしれないけれど
いちいちヒトの顔色を見たり、些細なことで言動で傷つかなくなった。
昔の私と比較すると、とてつもなく強くなれた気がする。

強い子になったなぁ。
めげなくなったなぁ。

私は、今後どんな逆境がきても。

・・・もう大丈夫♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

母親に対する思い

ほとんどわたしも同じ。
もう年だし、病気だし、今更、考え方を変えることなど、期待していないけど。
親から依存されると、ちょっと困るな。

わたしはまだまだ、精神的には自立できてないなぁ。
依存的で、不安定でダメダメだけど。(^^;
ま、いっか。と開き直って、
ほどほどに人に頼りながら、適当に生きてます。(w

私の母も依存のかたまりでした。
本人は全く気付いていないだろうけどね。

父と離婚後は私に依存してくるようになり、
過去の虐待の事やいろいろが許せなくなり
それに耐え切れなくて絶縁したつもりなんですけど。

母に私が絶縁したがっているとやっと伝わったのは
意外にもここ数年の最近の事なのかも。
ずーっと一方的に手紙や物品が送られてきていたので。

勿忘草さん♪

しょうがないよねっていう「あきらめ」も
このタイプの母と、ほどほどに付き合っていくための
ひとつの方法だよねぇ。

私は勿忘草さんのように愛するダーリンはいないし(泣)
「精神的自立」は自分の課題でもあったの。

人はヒトリでは生きてはいけないし
頼ったり頼られたりしながら、支えあって生きていくモノだけど。
「頼ること」と「依存」って違うよね。
そういうこととかが、やっとわかってきてかなり楽になりました。

適当って大事だよねぇ~
私も適当に生きてるよん♪

luneちゃん♪

そうなんだよねぇ・・・
本人が全く気付いていないから性質が悪い・・・・

母親には、お互い苦労させられるよね。
でもluneちゃんの苦労に比べれば、私なんてまだまだ、ダケドサ。

娘に真実を告げてもらえると・・・。

元1世の母で、依存症のカタマリで、何も言葉で教えてもらえず、ほったらかされて育ってしまい、言葉で感情や、思いを伝える事が出来なかったから、JWが親がわりで調度良かった。
そんな自分の気持ちを親に察して欲しかったわたしでさえも、娘の気持ちは、言ってくれないと理解できなかった。
本当のこと、本当に伝えたい事は、親子は、言いたくないのよね。察して欲しい。でも、察してあげられなかった。
なぜだと思う?子どもの方が本当は親なのよ。地球は実は、未来から作られているからね。

普通のお母さんに戻って!
わたしにそこまで言わせないで!
娘からそう言ってもらえて、なんとか私は変わる努力をはじめられたと思います。JWの親って、言わなきゃわからん親だらけかも知れない。

ひよかさん♪

ひよかさんは、双方で歩み寄りができて
本当によかったですね♪

私の場合、察して欲しいとか理解して欲しいとか
そういう気持ちは、もう無くなりました。
一緒に暮らしていない分、接する時間もかなり減りましたしね。

今は、母のウツが悪化しなければ、それでいいかなー
プロフィール

紫陽花

Author:紫陽花
紫陽花(あじさい)
二番目に好きな花の名前です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
お気に入りブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。