スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のリハビリ

入学シーズンですねぇ。
シンママ会社員(JWっぽく言えば全時間のお仕事)のわたくしですが。
とある理由で、息子を保育園ではなく幼稚園に通わせています。

近くに住む母が、息子の幼稚園のお迎えをしてくれて
私の仕事時間、息子を預かってくれるコトと
行事の多い幼稚園ですが、私も理解ある会社に勤めているので
行事ごとに有休で仕事を休ませてくれることもあり
なんとか幼稚園に通わせることができ、息子も幼稚園ライフを満喫しております。

が、この春から年長さん。来年はピカピカの小学校一年生。
息子の成長も考え、小学生からは学童保育に通わせる予定。

となると。
現在、JW的不活発街道邁進中の母。
孫の世話を盾に取り、堂々と不活発状態の母。
やることがなくなり、益々引き篭もりになり心の病が悪くなるのではないかと。
娘としては非常に心配・・・
JW一筋30数年だった母は、一般人のお友達もいないし
JWの世界をやめたら、何処にも行くところがなくやることもないのは
・・・・傍から見てヒシヒシと感じる。

それでも、息子はやんちゃ盛り。
おばあちゃんの母が面倒を見るには小学生にもなるともう限界。

私がJWをやめたことで、母が発病した責任も感じているので
ここはヒトツ、息子が小学生になるまでの一年間
月に1~2回程度、日曜の集会等一緒に行ってあげようか検討中。
(今現在、母は私が一緒に行かないと集会に行けない)

確か日曜日の集会、短くなったんだよね?
息子も集会出席は嫌いじゃないし。(みんなが歓迎してくれるので嬉しいみたい)
小学校に上がる前に、人の話を静かに聞くいい練習にもなるし。
月に数回でも、集会に一緒に行くことで母も自信が付いて
来年の春頃には、1人でも行けるようになるといいなぁ・・・

発想をうまく転換して、どうせならJWの世界を楽しんじゃえばいいのにと思う。
堅物姉妹じゃなく。組織崇拝者でもなく。
柔軟で朗らかな平衡のとれた見方を持つおばあちゃん姉妹に、母はなれると思う。
クリスチャンとして大事なのは「終わりの日」じゃなくて「エホバへの愛」なんだよね。
わかってくださいませ、母上様。
その手助けを、一肌脱いでやってあげようかな。

母がそうやって、元気な姉妹に戻ってくれたなら。

・・・・私の心の重荷も、軽くなる。
・・・・自分を責めるコトからも・・・解放されるかも・・・・しれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あなたの、お母様への愛、息子さんへの愛、そして、神への愛。

どうか、お母様には やさしい、ゆるやかな、そんな信仰も神はきっと顧みてくださると、そんな風に思っていただければよいですね!

なんか、偉そうで、ごめんなさいね。

でも、露丸は信じています。

全速力、全精力を傾けないと信仰の業に携わってると言えないかのような、また、見える形で信仰を表さないといけないような、そんなの 嘘っぱちのだと・・・。

露丸さん

いつもコメントありがとうございます♪
JWから離れても、あの世界で幼い頃から学んだ愛の特質(霊の実)は
失いたくないし、日々培っていけたらと思っています。


そうですね。
信仰って、その人個人のモノだと紫陽花も思いますヨ。
他の誰も、「信仰の主人」にはなれないんじゃないかなー?

露丸さんも、マイペースで
露丸さんと神様との個人的な関係を培うことが出来ると
いいですねっ☆
プロフィール

紫陽花

Author:紫陽花
紫陽花(あじさい)
二番目に好きな花の名前です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
お気に入りブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。