スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても残念なニュース

とても喜ばしい出来事である「子供の誕生」が
出産後の輸血拒否によって、母親が亡くなったことにより
とても残念な悲しいニュースになってしまった・・・

もし、私が今でも現役だったなら、たぶん輸血拒否すると思う。
信仰とはそういうものだと思う。

現役当時、最高裁で判決がくだされた姉妹のお葬式の受付をしたこともあり。
無断で輸血された姉妹の無念さを思い。
「裁判で勝ちますように」と、願った私だから。

とてもやるせない気持ちにはなるけれど
彼女の行動を否定することはできない。

それでも、彼女の夫や親族や会衆の皆さんの、大切な人を失った悲しみを想い。
お母さんを亡くした、まだまだ小さな赤ちゃんのことを想い。
・・・肯定することも難しいけれど。


ただ、願うのは。
生まれてきた子供が、父親や親族や会衆の兄弟姉妹から
たくさんのたくさんの愛情を注がれて。
健やかにすくすくと育って欲しい。
周りの環境が、狂信的な雰囲気ではありませんように・・・

それと共に。
この教理が変更されることを強く強く願う。
もし神様が本当にいるのなら。
神様が人間の幸せを願い、愛し、暖かく見守ってくださるのであれば。
輸血拒否によって、人間の命が奪われることなど。
・・・決して望んでいないと思うから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブルガリアで輸血解禁されてること、日本だと認知度かなり低いんですね。ってか、現役さんの耳には入らないのかな??
日本に新しい光がくるのはいつなんでしょうね・・・・

でも、輸血拒否した&させたような環境なら・・・狂信的なんじゃないかと考えてしますのですが・・・・
生まれてきた赤ちゃんの今後を思ったときに・・・・ばうちんさんのところに駆け込んだ3世の女の子をちょっと思い出しました。

桜姫ちゃん♪

とにもかくにも。
この輸血拒否の教理に関しては、一日も一日も早く。
統治体のほうから全世界に対して、変更していただきたい。
大勢の仲間が、大事な友達が、皆信仰を貫いているゆえに。
もう本当に、ただひたすら願うのみです。

うーん、うーん。
はたから見ると、そう見えるかもしれないけれど。
とてもあり得ない教理だし、あの世界から出た今となっては
馬鹿馬鹿しくて、「なんでアンナモノを信じてたんだろう」って思うのだけれど。

あの世界にどっぷりつかって信じきっていたら。
狂信的な感じではなくても、輸血拒否は避けられないんだよね。
・・・今の現状だと。

上手く説明できない自分がもどかしい・・・・

3世さん

それと。
あの世界でも、幸せを感じて生きている人もいるの。
かつての私がそうだったように。

生まれてきた赤ちゃんが、たとえあの世界の中であっても
出来るだけバランスのとれた、恵まれた環境で育って欲しいと。

・・・私は願ってる。
プロフィール

紫陽花

Author:紫陽花
紫陽花(あじさい)
二番目に好きな花の名前です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
お気に入りブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。